AKB48ファンサイト

AKB48(エーケービー フォーティーエイト)は、秋元康の全面プロデュースにより、2005年に誕生した、日本の女性アイドルグループである。秋葉原に専用劇場であるAKB48劇場を持ち、チームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行っている。

概要

「会いに行けるアイドル」[1]をコンセプトに、専用劇場でほとんど毎日公演を行っている。メディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、共に成長していくアイドル・プロジェクトである。 公演は、全てオリジナル曲で行われ、2010年5月現在、300曲を超えるオリジナル曲[2]が発表されている。全ての作詞を、総合プロデューサーの秋元康が担当し、多数の作曲家により作曲されている。舞台監修と振り付けは、ハロー!プロジェクトなどの振り付けを手掛けた夏まゆみが主に担当していた(近年では牧野アンナ等も振り付けを手がけている。)[3]。 メンバーのステージ衣装の殆どは、秋元康が副総長兼芸術学部教授を務めている京都造形芸術大学の学生がデザインしている[4]。 2007年には活動の場を広げ、3月に初の全国ツアーを行い、9月22日には、初の海外公演として、チームBが北京の中国芸術研究院で開催された「日中文化人懇談会2007」に参加。そして大晦日には、『第58回NHK紅白歌合戦』初出場を果たした。 2008年2月に発売した、シングルCD「桜の花びらたち2008」の販売方法を巡るトラブル(後述)の後、CDリリースが途絶えたが、8月にキングレコードへの移籍が発表された[5]。同年には、名古屋・栄を拠点とする姉妹ユニットSKE48が誕生し、 2009年8月22日・23日には、AKB48として初の日本武道館でのコンサート「AKB104選抜メンバー組閣祭り」を開催するなど、プロジェクトの拡大が進んでいる。 公式ブログのタイトルが示すように、東京ドームでのコンサート開催を目標に置いている。以前は、メジャーデビューを目標にしていた。2009年にはアメリカとフランスでライブを行った。 2008年夏に「SKE48」が誕生以後メディアなどで「SKE48・SDN48」を含めた総称として、「AKB48」と呼ばれることがある。 メンバーは恋愛禁止である(厳密には片想いはいいが、両想いは駄目)[6]。 メンバー全員歌手を目指している訳ではなく、AKB48は1つの自分の過程であり、歌手・アイドル・グラビアアイドル・声優・ファッションデザイナー・女優志望等様々である。

グループ名の由来

グループ名のAKBの由来は、ホームグラウンドである秋葉原(あきはばら)の略称「秋葉(あきば)」(AKiBa)からで、48の由来は、office48の社長の芝幸太郎の姓(芝=48)からとされる。しかし総合プロデューサーの秋元康のイメージではあくまで商品番号と語っている。その名の通り、構成人数は総勢48名程度である。(メンバーの入れ替わりにより、多少の変動はある。)

メンバー

名前 よみ 生年月日 出身地 愛称[7] 加入時期 旧所属 備考 岩佐美咲 いわさ みさき 1995年1月30日 千葉県 わさみん 7期 研究生 多田愛佳 おおた あいか 1994年12月8日 埼玉県 らぶたん 3期 チームB 大家志津香 おおや しづか 1991年12月28日 福岡県 しいちゃん 4期 研究生 片山陽加 かたやま はるか 1990年5月10日 愛知県 はーちゃん 3期 チームB 倉持明日香 くらもち あすか 1989 年9月11日 神奈川県 もっちぃ 4期 チームK 小嶋陽菜 こじま はるな 1988 年4月19日 埼玉県 こじはる 1期 チームA 指原莉乃 さしはら りの 1992年11月21日 大分県 さっしー 5期 チームB 篠田麻里子 しのだ まりこ 1986 年3月11日 福岡県 麻里子様 1.5期 チームA 高城亜樹 たかじょう あき 1991年10月3日 東京都 あきちゃ 6期 高橋みなみ たかはし みなみ 1991年4月8日 たかみな 1期 仲川遥香 なかがわ はるか 1992年2月10日 はるごん 3期 チームB 本名:中川遥香 中田ちさと なかた ちさと 1990年10月8日 埼玉県 ちぃちゃん 4期 チームA 本名・旧芸名:中田千智 仲谷明香 なかや さやか 1991年10月15日 岩手県 なかやん 3期 チームB 前田敦子 まえだ あつこ 1991年7月10日 千葉県 あっちゃん 1期 チームA 前田亜美 まえだ あみ 1995年6月1日 東京都 あーみん 7期 研究生 松原夏海 まつばら なつみ 1990年6月19日 福岡県 なっつみぃ 2期 チームK